08≪ 2017/09/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

    「タンタラ」第1話終了後の記事ふたつ(日本語版)

    注:ネタバレありの記事内容です!!

    ★innolifeより。。。

    『タンタラ』、
    最初から最後まですべてチソンの独擅場だった初回、
    波瀾万丈チソンの人生


    jstantara0421a.jpg

    ドラマ『タンタラ』の初回は、チソンでいっぱいだった。

    20日からスタートしたSBSの新水木ドラマ『タンタラ』の第1話では、
    マネジャーシン・ソクホ(チソン)を中心に芸能界の話が描かれた中で、
    クリン(ヘリ)とハヌル(カン・ミンヒョク)姉弟の話も繰り広げられた。

    シン・ソクホは熱血マネジャーだった。
    複雑な芸能界でふてぶてしくてすがすがしい性格で仕事をしていった。
    自身が身を置いているマネジメント社を裏切って新しい会社設立を計画した。

    人気グループ“ジャクソン”をケアすると同時に
    ガールズグループとのスキャンダルを防ぐためにわいろはもちろん
    あらゆる方法を動員した。
    利益のためには冷静な姿も見せた。
    ランキング操作をして作曲家にひどいしうちもした。

    しかしシン・ソクホは信じていた所属アーティストに裏切られた。
    グループ“ジャクソン”とどん底から共にしてきたし、
    特にメンバージヌ(アン・ヒョソプ)と格別の仲だったシン・ソクホ。
    彼らと独立して新しいスタートをしようとしたが
    事務所の計略に結局孤立することになって挫折した。

    前だけ見て走って周囲を見回さなかったシン・ソクホは友情まで失った。
    彼を助ける人は誰もいなかったし、後悔するにはすでに遅かった。
    しかし彼は最後まであきらめなかったし、新しいスタートを準備した。

    クリンはハヌルにとって献身的な姉だった。
    セクハラ事件の犯人にされ裁判を受けることになった弟を最後まで信じて涙で訴えた。
    しかしハヌルはクリンに冷たく接した。
    歌手を夢見たハヌルは両親の反対にもかかわらず夢に向かって進もうとしたが、
    セクハラ事件の犯人にされてしまい夢が踏みにじられた。

    放送の最後ですべて失ったシン・ソクホとハヌルが運命的に出会って
    新しい物語のスタートを知らせた。

    この日の第1話はシン・ソクホの独擅場だった。
    最初から最後まで
    シン・ソクホのローラーコースターのような人生を見せるのに集中した。
    チソンの演技力のおかげで
    風が静まる日がない芸能界の話がより一層興味深く続いた。




    ★OSEN(@Kstyle)より。。。

    ドラマ「タンタラ」放送スタート!
    チソン&Girl's Day ヘリ&CNBLUE カン・ミンヒョクらの演技は完璧…
    ストーリーが鍵に


    jstantara0421c.jpg
    jstantara0421d.jpg

    俳優チソンとGirl's Day ヘリの共演で期待されていた「タンタラ」の幕が上がった。
    ベールを脱いだ「タンタラ」は俳優たちの演技の面では完璧だ。

    内容的には、
    昨年論争が起きた音楽配信チャートのランキング操作を詳細に描く
    大胆なストーリーが驚きを与えた。
    しかし、芸能界を描いた他のドラマのように陳腐な展開になる余地も見えた。

    20日に韓国で放送がスタートしたSBS水木ドラマ「タンタラ」の
    ストーリー展開のスピードは速かった。
    ソクホ(チソン)が所属歌手のスキャンダルを防ぐためにお金で解決し、
    あちこちを走り回りながら所属歌手を育てるために奮闘するストーリーが
    スピーディーに展開され、視聴者たちをドラマに熱中させた。

    また、グリン(ヘリ)が
    セクハラの濡れ衣を着せられて
    法廷にまで行った弟ハヌル(CNBLUE カン・ミンヒョク)を守ろうとするシーンも印象的だった。
    このシーンでヘリとカン・ミンヒョクの演技力が際立った。

    tvN「応答せよ1988」で演技力を認められたヘリは、
    濡れ衣を着せられた弟が処罰されるのを見て一緒に嗚咽する演技や、
    カン・ミンヒョクとの姉弟役での共演も目を引いた。
    カン・ミンヒョクも落ち着いたハヌル役の演技を難なくこなした。

    もちろんチソンの演技は、
    放送前に制作陣が神がかった演技だと表現したように、
    前作の「キルミー・ヒールミー」が思い出せない熱演で
    最初から最後までドラマを牽引した。

    俳優たちの演技は完璧だったが、第1話のストーリーは大胆だった。
    新鮮なドラマと陳腐なドラマの間で綱渡りしているように見える。
    これまで様々なドラマが芸能界を扱ったが、
    大きな成功を収めたドラマは少ないためだ。

    「タンタラ」は第1話で
    音楽業界で大きく論争になった音楽配信チャートの操作や
    お金でスキャンダルを防ぐことはもちろん、
    生放送のステージに立ちたがらないガールズグループのメンバーたちに
    具合の悪い演技をするように言うなど、
    芸能界の裏を描いた大胆なストーリーで目を引いた。

    しかし、窮地に追い込まれたソクホがハヌルに会い、
    彼を人気歌手にする成長ストーリーがある程度予想される。
    「タンタラ」のヒットは、今後このように予想されるストーリーを
    どれほど興味深く、
    そして完成度のあるストーリーとして料理するかが鍵になると見られる。



    う~~む・・・
    視聴率6.3%、同時間帯では3位という最下位スタート(>_<)
    まぁ、ソン・ジュンギくんの「太陽の末裔」特番があったということで
    それは差し引いて考えるべきですが・・・

    とはいえ、苦しいスタートには違いないわけで(T_T)
    チソンくんをはじめ演技者みんなの批評はとってもよろしいのに
    厳しい結果となって非常に残念ですねぇ。

    特にチソンくんに関しては、どの記事も超べた褒めです!!^^v
    ・・・が、
    そんなにチソンくん一人に、
    このドラマの出来高を背負わすのはいかがなものかと!?
    そう思ったりもするんですがね^^;

    今夜の第2話、
    一応、3人のバックグラウンドは描き終えたので
    今後の絡み具合云々、展開を温かく見守りましょ!!




    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    Secret

     
    プロフィール

    Maumkum

    Author:Maumkum
    すっかり大人な(^^ゞ
    オンマELFです!!
    キュヒョンくんを絶賛応援中!!

    カウントダウン
    結婚レシピ
    最新記事
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリ
    最新コメント
    メモリーボード
    月別アーカイブ
    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ランキング
    ランキングに参加しています ↓↓↓       ↓↓↓ にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
    QRコード
    QR
    訪問者数
    訪問者数2
    現在の閲覧者数:
    お断り