03≪ 2017/04/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05

    「華麗なるリベンジ」を観てきました!

    夜更かしのあんにょん^^

    今日は韓国語レッスンの後
    「華麗なるリベンジ」を観てきました^^

    CyfaudTXgAAcHW4.jpg

    濡れ衣の罪で刑務所に送られた検事(ファン・ジョンミン)と
    刑務所で出会ったイケメン詐欺師(カン・ドンウォン)がタッグを組んで
    自分を陥れた上司(イ・ソンミン)を懲らしめるというお話。

    韓国で
    公開後すぐに、観客動員数が970万人を突破したという
    大人気の映画だっただけあって
    最初から最後まで退屈しない、いい映画でした^^v

    特に
    ジョンミンさん服役中に
    元検事の知識を活かして、
    皆に"先生"と崇められるようになってからの
    刑務所内のエピソード描写がじわじわ笑えるww

    そこら辺は
    さすが!! 安定のジョンミンさんだよね

    最初のほう・・・
    暴力検事時代は、
    いつもの彼らしい傍若無人ぶりを見せつけ
    服役時代は、
    今回ややおとなしめだったけど
    あの笑顔の裏に隠された
    堅固な復讐心をふつふつと感じさせるってうね(>_<)

    相棒のイケメン詐欺師ドンウォンくんは
    ちょっとおバカなところをちらつかせたり
    結構チャラくて笑えたりするんだけど
    キメる時にはしっかりキメるという良い仕事っぷり!

    一方
    最後には懲らしめられて
    地に落ちるソンミンさんは
    今回、珍しく悪役に徹してて、
    暴力シーンは怖いくらいに迫力満点!!

    いわゆる"懲悪もの"なんで
    見終わった後には
    気分が超スカッとするっていうね

    とにかく、とても面白い映画でした^^v

    一見の価値ありです!!
    もいちど見てもいいくらいだわ^^v



    *画像はお借りしました、感謝しますm(__)m(cr.as tagged)


    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ

    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : 韓国映画
    ジャンル : 映画

    映画「ベテラン」を観てきました!!

    「ベテラン」とは・・・
    日本で言うところの"匠"という意味合いだそうです。

    beteran.jpg

    公式HP
    http://veteran-movie.jp/

    とにかく面白い!!
    笑えるアクション映画です^^

    "勧善懲悪"が明快で深く考え込まなくていいし
    後味スッキリ!!
    といったところでしょうか!?

    善・・・
    決してイケメンではない(失礼m(__)m)ファン・ジョンミンが
    めちゃくちゃかっこよくて、しかもキュートなんです^^v
    そして、彼が属する刑事チームのボス以下、
    メンバーのドタバタぶりに笑いが絶えなくて
    どこか心温まる感じ~
    そのチームワークは抜群で
    いざという時には、みんなちゃんと決めてくれるんですよね。


    悪・・・
    弱さを秘めながら虚勢を張って生きる悪、
    人を人と思わないゆがんだ悪を演じるユ・アインくんが
    気味が悪いくらいすごくてぐいぐいきますね。

    そして、いつもながら、
    そこまでやるか!
    という暴力的シーンは、やはり韓国映画らしかったけれど
    最後にははっきりと善が勝ったので、後味も悪くなく気分爽快でした。
    ただ・・・
    ワンちゃんにだけは手を上げてほしくなかったな・・・
    一瞬なんですが、そこだけ心が痛すぎました(T_T)←画には映らないんだけどね

    でも全て観終わってみると・・・
    久しぶりに気分良く大笑いできた、大満足の映画でした!!


    ついでに・・・(^^ゞ
    今、上がり調子が止まらないユ・アインくん!
    SBSで放映中の史劇ドラマ「육룡이 나르샤」(六龍が飛ぶ)が
    月火ドラマのトップを走ってるとか!?
    そちらのほうも、2月下旬にはKNTVで放送開始ということなので
    今から楽しみにしていたいと思います^^





    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
    にほんブログ村

    「ヴァンパイアはうちの隣りに住んでいる」でイム・サンス監督が伝えたかったこと!

    Newsenより。。。

    イム・サンス監督“セウォル号-軍疑問死、
    納得することはできない死悲痛”(20回BIFF)


    201510091706401810_1.jpg

    イム・サンス監督がセウォル号惨事と軍隊内疑問死などを扱った理由を明らかにした。

    イム・サンス監督は10月9日釜山(プサン)、
    海雲台区(ヘウンデグ)佑洞(ウドン)東西(トンソ)大学校コンベンションホールで開かれた
    第20回釜山国際映画祭(BIFF)でのプレゼンテーション招待作
    ‘カラーオブ アジア-マスターズ’記者会見で
    短編映画をセウォル号と軍隊内疑問死問題などの
    真相が明らかにならなかった死を取り上げた理由を明らかにした。

    この日イム・サンス監督は
    “人間は誰も皆死ぬ。 だが、若い死、納得できない死、死ななかったらとても良い死が
    私たちの周辺にとても多い”
    と話した。

    引き続きイム・サンス監督は
    “それを悲痛な気持ちで哀悼する時に
    その死が何かを考慮して、その死が何かを心配するべきではないか”
    と短い返事を出した。
    しかしそれは短いが強烈な返事であることに間違いなかった。

    一方‘カラーオブアジア-マスターズ’は

    セリフなしで、ただ音楽だけで
    アピチャッポン監督特有の叙情的で独特の雰囲気を演出した‘蒸発’(タイ作品)

    インタビューを通じて、
    あるデザイナーの人生と芸術観を詩的なセリフで解きほぐした河瀬直美の‘嘘’(日本作品)、

    皆が離れてしまった小さい田舎の村に残した幼い少年と
    おばあさんの話を静的に表現したワンシャオシュアイ監督の‘とうもろこし畑’(中国作品)、

    溺死したまま霊安室に安置された少女と
    そこに住むヴァンパイアの奇怪な縁を描いた
    イム・サンス監督の‘ヴァンパイアはうちの隣りに住んでいる’が出展された。



    他の記事にはこうも書かれてます。。。

    イム・サンス監督の短編は、
    2014年に発生したセウォル号惨事の悲劇でモチーフを得たとしている。
    彼は「韓国人であればみんな同じように抱いているだろうが、
    それがどんなに悲痛なことであったか、
    罪悪感を持って、長くずっと哀悼したいという思いだった」
    とし
    「それが作品を作った私の意図であった」と説明した。



    やはり
    ソダム少女はセウォル号で犠牲になった高校生像だったんだ(T_T)

    そして
    チソンヴァンパイアが、17年前の兵役中に
    なぜ死ななければならなかったのか!?
    それは最後のシーン・・・
    人間に戻って、永遠の眠りにつく彼の遺体の横で、
    二人のアジョシが語るセリフに
    盛り込まれていたんですね(>_<)

    その遺体メイクをよく見てみると、
    こめかみには銃弾を受けた跡があり→自殺したってことか!?
    胸には検死(遺体解剖)した跡があり→不審死したってことか!?

    遺体としてのチソンくんは、じっと目を閉じたままで、
    とても重要な問題を投げかけていたということです!

    私・・・
    劇場で見たときは、
    その場面、ただただチソンさんの美しいボディに見とれていただけでした(>_<)←すみません^^;

    結局のところ・・・
    この短編映画に
    こんなに強く心に訴えるメッセージが隠されていたとは!!
    深すぎる!!!(>_<)

    チソンさんも
    このような監督さんの意図をしっかり受け止めて
    魂こめて演じられたんですね。
    納得です!!




    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
    にほんブログ村

    「コンフェッション 友の告白」を観て思うこと!

    ネタベレありなのでご注意をm(__)m

    多分・・・かなり・・・きっと・・・確実に、
    チソンくん寄りの感想になっています(^^ゞ

    まず、
    既出の記事やらインタビューやらで大まかなストーリーは把握していたので
    話の中にすんなり入っていくことが出来ました。

    ただ・・・
    冒頭15歳の彼らから始まるんですが
    正直私には、大国男児のJayくんのほうが、顔立ちからしてチソンくんぽく見えたので
    彼をヒョンテかと勘違いしちゃって、少しだけ、んん?になりましたけど・・・^^;
    この部分は、17年後のヒョンテたちを見てこそ、
    すぐに把握できるんじゃないかと思われる15歳の彼らでしたね

    この15歳、中学卒業時の山でのエピソードが、
    そのまま、17年後の強盗殺人事件にシフトしてるように思えました。
    その時の三人の役割というか、それぞれの立ち位置が
    17年後の状況を暗示している感じです。

    ヒョンテはずっとぶれることなく判断力ある冷静な男なので、
    最後まで一貫して、大きく感情をむき出しにすることはありませんでした。
    これはチソンくんがたびたびインタビューでも話されてることですが、
    唯一感情的に演技したシーンがカットになったくらい、
    始終抑えた演技でヒョンテを演じています。

    こんなにも声を張り上げないで終わった役は、
    今までに一度もなかったんじゃないでしょうか・・・
    だから余計に、内に秘めたヒョンテの感情を、
    チソンくんの目、口、手などの
    振り幅の少ない表情演技で感じ取らなければならないんです。
    そのせいかチソンペンの私には、
    時に、まどろっこしさも感じてしまいましたが
    そこはさすがチソンくん!!
    インタビューでは、まだまだ未熟な演技だったと謙遜されてますが
    私には、その控えめな演技のチソンくんが、
    そのままヒョンテに憑依して見えたので
    逆にヒョンテの存在が大きく感じられました←かなりひいき目^^;

    一方、インチョル役のジフンくんは大声張り上げたり暴力的だったり、
    とても自由に感情を爆発させて演技されているので、
    見ていて気持ちいいくらいです。
    だから序盤中盤は、
    どうしても感情豊かなジフンくんの存在がぐいぐい印象付けられます。
    ・・・が
    チソンペンはそこをぐっと我慢して最後まで見守ってください。
    そうしてこそ、チソンくんが
    撮影直前にジムでわざと身体を疲れさせ、
    "ここまでにしよう、これ以上は感情が出せない"と
    監督に、のたまわれたというラストシーンが、
    深く、大きく印象に残るはずです。

    インチョルの最期、
    ヒョンテから17年前の"疑い"を告白された心の痛みと
    ナイフで刺された苦痛を
    信じていたチングに見せることなく、一人息絶えていく・・・
    その死に際があまりにも不条理で、
    切なさがとめどなくこみあげてきました。
    ジフンくん、圧巻の演技です!!

    そしてラストシーン
    最後の最後にチソンくんの頬に静かに一筋と半分の涙が流れるんですが
    この涙が、これまたとんでもなく美しく、
    情緒があったんですよ←悲しい場面で美しいというのはNGかもですが・・・(>_<)
    声を出して泣くよりも、余計に深い悲しみが伝わってくるというか・・・

    だからなんでしょうか???
    あまりにも静かにラストを迎えたものだから
    実は私、エンドロール中に込み上げてきた涙が、
    エンドロールが終わって明るくなってから、ポロポロ落ちてしまったという・・・(T_T)
    そんな不思議な感情の時間差がありました。

    おまけみたいでミアネヨ~の前置きとともに^^;
    ミンス役のグァンスくんは、
    頼りなくておちゃらけながらも、優しく繊細な心を上手く演じられていて
    ヒョンテとインチョルのどちらにも
    素直な関わり合いを持つ良いチングだったと思います。

    で、結論・・・
    インチョルとミンスという
    ヒョンテの人生にずっと居たはずの良いチングたちは
    ヒョンテが彼らを信じられなくなった瞬間から
    ヒョンテにとって良いチングじゃなくなってしまうんですね
    でも、彼らの無念とも言える死をもって、
    最後に本当の意味で
    ヒョンテは良いチングを得ることが出来た、ということでしょうか!?

    そして、全てが終わった後に・・・
    懐疑心を持ったまま、常に正当なやり方で友を思いやっていたヒョンテより、
    不本意ながらも不当なやり方で、
    自己犠牲まで払って純粋に友を思いやっていたインチョルの方が
    真の友達思いだったんじゃないか!?
    ということを
    受け入れなければならないのかもしれません(T_T)


    以上、感想終わり~!!
    とにかく久しぶりに泣けるいい映画でした!!
    次回は、チング二人と一緒に観に行く約束をしているので
    それぞれにどんな感想が飛び出してくるか、
    ちょっと楽しみで~す^^←二人ともチソンペンではありませんので^^;


    消防士ヒョンテのサービスショット(*^^)v
    js150802a.jpg




    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
    にほんブログ村

     
    プロフィール

    Maumkum

    Author:Maumkum
    すっかり大人な(^^ゞ
    オンマELFです!!
    キュヒョンくんを絶賛応援中!!

    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    月別アーカイブ
    メモリーボード
    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ランキング
    ランキングに参加しています ↓↓↓       ↓↓↓ にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
    QRコード
    QR
    訪問者数
    訪問者数2
    現在の閲覧者数:
    お断り